高速バス内で声が大きい

高速バスを利用して旅行をするとき、一人で行くならば話をすることもありませんが、友達や家族と一緒に行くと話をしたくもなります。そんなときは声の大きさに気を付けて話すようにしましょう。 高速バスには色々な人が乗っていますから、自分たちだけの世界ではありません。公共の場であると言う認識が必要になるので、話をしたいと思っても大きな声は避けると言うのがマナーなのです。 バスの中では眠っている人もいますし、また静かに自分の世界に入りたいと言う人もいます。周りの状況を見て会話をするようにしなければいけないのです。 仮に自分が一人旅をしているときに、後ろの席でガヤガヤと大きな声で会話をされていたら嫌な気持ちになる事もあるでしょう。そういう想像力を持ってすれば必然と会話の声も小さくなります。 周りの人の気持ちを考えると言う事が、バスの中でのマナーですから、くれぐれも会話をする際には声の大きさを気にして小さい声で話すと良いですね。