高速バス内で携帯をとる

高速バスも普通の電車やバスも携帯電話のマナーに関してはほとんど同じです。乗り物の中での携帯電話の使用は他のお客さまの迷惑にならない程度と考えるのがよいでしょう。 特に、かかってきた電話に出たり、電話をかけたりというのは避けたほうがよいです。高速バスは長距離の場合が多いですから、その間に睡眠をとったりゆっくり休憩したいと思って利用している方が多いです。そのような中で会話するというのはやはり迷惑に感じられて当然です。電話がかかってきたから、ちょっとだけと思う人もいるでしょうが、せっかく眠りについた人を起こすようなことがあれば困りものです。どうしても必要な要件はなるべくメールですませるとか、パーキングエリアでの休憩中にバスの外に出て電話するなど、他の人の迷惑にならないようにしましょう。バイブの音だけでも気にする人もいますから、なるべくなら電源を切っておいたほうが賢明です。 ルールを守って高速バスを便利に使い、旅行を安全にしたいものです。