高速バス内で椅子を倒しすぎる

どんなことでも社会の中で行動を行う以上、マナーというものが発生します。今回はそんな中でも高速バス車内でのマナーについてです。 よく座席にリクライニング機能がついていますが。しかし出発時などで車内放送されるように、後ろの人がいなければ別ですが、いるにもかかわらず勝手にリクライニングを倒すことはマナー違反となります。理由としては後ろの人が倒された分圧迫感を感じるからで、きちんと許可を取ってください。 仮に許可を取ったとしても、相手に迷惑をかけない限度というものをきちんと理解してください。許可を得たからといってあまりにも椅子を倒しすぎると、また圧迫感を与えてしまい、トラブル発生の原因となりかねません。自分がされたらどうか、ということもきちんと考えた上でマナー違反にならないように心がけてください。 ただし、高級バスでは前後の人と完璧に仕切りが作られている場合があり、相手にまったく影響を与えない場合は別となります。

オススメサイト

女性専用車輌はもちろん、女性に優しく配慮されたバスなら一人旅でも安心です。

女性にも優しい高速バス
バスサガス

高速バス内で臭いの強い食べ物を食べる

高速バスでは移動時間が長いため、バスの中で飲み物を飲んだり、食べ物を食べたりしたくなりますね。特に食事の時間を挟んで移動する場合には、お腹が減ってしまいますから食べないと気持ち悪くなってしまう事もあります。またバスの旅と言うと、バスの中での飲食を楽しみにしている人もいるでしょう。途中の休憩時間で現地の食べ物を買って食べるのが好きと言う人もいます。 バスの中で食べ物を食べる事は禁止されていませんが、ただ一つ守りたい事は、臭いのきついものは食べるのをやめようと言う事です。 バスにはたくさんの人が乗っていますし、高速バスは主に高速道路を走るため窓を開けるなどができません。窓を開けてしまうと騒音や風によって車内の環境が悪くなるからです。そのため、バスの中で臭いのきついものを食べてしまうと、車内に臭いが充満してしまい他の乗客に迷惑をかけてしまう事になります。 お腹が空いたと思った時、食べ物を食べるのは良いですが、高速バスのマナーとして臭いには気を付けたいですね。